MENU

EH-NE5GとEH-NE5Eの違いを比較!どっちがおすすめ?

Panasonicの大人気マイナスイオンヘアドライヤー“イオニティ”EH-NE5GとEH-NE5Eの違いを比較しました。

どちらもスタイリッシュなデザインながら、髪の毛を早く乾かせると話題です。ヘアケアへのこだわりは抜群で、同じモデルの販売年違いです。

EH-NE5Gは2021年発売で、EH-NE5Eは2020年発売です。

つまり、EH-NE5Gは新モデル、EH-NE5Eは旧モデルなんですね。

 

比較した結果、二つに機能やスペックの差はありませんでした。

違いは1点、本体色のみでした。

基本スペックに変化はありませんので、

 

EH-NE5GとEH-NE5E、自分の好きなカラーの方を買えばいいです。

 

機能に差はありませんので、自分の好みのものを選ぶことをオススメします。

カラーリングにこだわりがないのであれば、新モデルであるEH-NE5Gの方が、価格が安い可能性が高いです。

旧モデルのEH-NE5Eは現在生産が終了しており、流通しているものだけの販売となるため、今後は値段が上がっていくことが予想されます。

本文では、Panasonicの人気家電、ドライヤー“イオニティ”のEH-NE5GとEH-NE5Eの違い、機能、特徴を詳しく解説しています。

 

ドライヤーの購入を検討している、あなたの参考になればうれしいです^^

 

♦EH-NE5E(2020年)♦

♦EH-NE5G(2021年)♦

 

目次

EH-NE5GとEH-NE5Eの違いを比較

それでは早速、EH-NE5GとEH-NE5Eの違いをご紹介します。

EH-NE5Gが2021年、EH-NE5Eが2020年のモデルです。

機能には差がなく、違いは1点のみです。

 

・本体のカラー展開が違う

 

カラーの違いについて、次項で詳しく解説します。

カラー展開の違い

EH-NE5GとEH-NE5Eのカラー展開の違いについて紹介します。

EH-NE5G ブラウン、ペールピンク
EH-NE5E ピンク、青、ゴールド

 

実際の画像もチェックしていきましょう

♦EH-NE5E(2020年)♦

ピンク

ゴールド

♦EH-NE5G♦

ペールピンク

ブラウン

 

どのカラーもおしゃれですね!

 

家電業界は、日々新しいものが売り出されています。

 

そして、新発売の方が、売れ行きが良い。

 

そのため、性能が同じでも、色だけ変更して新機種として発売するのはPanasonicでもよくあります。

 

今回、大人気のドライヤーということもあり、性能は同じでもカラー展開を広げたことで、よりオシャレに、自分の好きな色を選ぶことができるようになりました。

 

新発売をすることで、ターゲットの女性層へ、商品を再度アピールする狙いもあります。

 

 

次は、値段をチェックしていきましょう。

2022年6月3日時点の、新品最安値をチェックしてきました。

種類 EH-NE5G EH-NE5E
Amazon \3,618(ペールピンク \3,900(ピンク)
楽天 \3,619(ピンク、ブラウン) \5,600(ゴールド)
価格.com \3,618(ブラウン) ¥3,280(ゴールド)

Amazonでは大きく差はありませんが、楽天だと価格に差がかなりあります。

 

これは、EH-NE5Eの生産が終了しているためです。

 

 

カラーリングにこだわりがないのであれば、EH-NE5Gの方が安く買えるのでよさそうですね。

 

しかし、もしもピンク、青、ゴールドの3色どれかが欲しいのであれば、早めに購入したほうがよさそうです。

 

現在3色とも流通していますが、これも在庫のみです。

 

いつなくなるかわかりませんので、もし気に入った色があれば早めに購入することをオススメします。

♦EH-NE5E(2020年)♦

♦EH-NE5G(2021年)♦

EH-NE5EとEH-NE5Gの機能や特徴

ここからはEH-NE5EとEH-NE5Gの機能や特徴を紹介していきます。

 

どちらも大風量(1.9 m³/分)とPanasonic独自開発の速乾ノズルで、早く髪を乾かせるのが特徴です。

 

髪の量が多かったり、髪を熱に長くあてて痛めたくない方、髪を乾かす時間を短くしたいと考えている方におすすめです。

 

外付けのマイナスイオン放出口から、マイナスイオンを出せるモードを搭載。髪がサラサラになることが期待できます。

 

 

Panasonicのイオニティ―シリーズのメリットは

・風量が大きく、髪の毛を早く乾かせる
・マイナスイオンでヘアケアできる

ことです。

 

また、イオニティシリーズは機能はシンプルですが他社の高級ドライヤーとくらべ価格は抑えめ。

 

ドライヤーでヘアケアしたいけど、価格は抑えたい人にオススメできます。

 

髪の毛が早く乾かせる

イオニティシリーズのドライヤーであるEH-NE5EとEH-NE5Gは、シリーズの中でも中位機種です。

 

下位機種になると風量は1.1m3/分程度となり、乾かすのに時間がかかります。

 

H-NE5EとEH-NE5Gは1.9m3/分の大風量・速乾タイプです。

 

上位機種のナノケアになると、価格は1~3万円と跳ね上がりますが、風量はEH-NE5EとEH-NE5Gの方が強いです。

 

風量と値段をみれば、最もコスパがいい機種ともいえます。

 

マイナスイオンでサラサラの髪の毛に

イオニティシリーズのドライヤーであるEH-NE5EとEH-NE5Gは、マイナスイオン放出口がついています。

 

ここから、髪を乾かす際に、マイナスイオンを出すことができます。

 

ここでは、マイナスイオンの役割を紹介します。

 

難しい説明ですが、マイナスイオンとは、空気中の原子や分子が、電子を得てマイナスに帯電したもの。

 

イオニティシリーズでは、このマイナスイオンを放出することで、髪の毛の表面をマイナスイオンでコーティングします。

 

マイナスイオンで髪が守られるため、ドライヤーの乾燥で熱を与えても、髪の水分を守ってくれます

 

こうすることで、サラサラでツヤツヤの髪に仕上がります。

 

また、マイナスイオンは静電気を抑える効果も!

 

まとまりやすい、美しいラサツヤ髪になります。

 

マイナスイオンの効果をまとめると

・髪の表面をコーティング、熱から髪の水分を守る
・静電気をおさえ、まとまりのある髪へ

ドライヤーしながらヘアケアできるなんて、素晴らしいですね。

 

使いやすい仕様

 EH-NE5GもEH-NE5Eも、シンプルな機能で使いやすい仕様になっています。

 

ここで、両者共通の基本的な性能やスペックをご紹介します。

 

カラーリング以外は違いがないので、まとめて表にしました。

 

温風性能 85℃(ターボ時),105℃(ドライ時)
最高温度 105℃
風量 1.9m³/分(ターボ時/ノズル装着なしの時)
冷風機能 あり
マイナスイオン あり
対応電圧 AC100V 50-60Hz
最大消費電力 1200W(ターボ時)
本体サイズ 215mm × 208mm × 89mm
重量 475g(速乾ノズル含む)
コードの長さ 1.7 m
付属品 速乾ノズル、ブラシ
折りたたみ 可能

EH-NE5GもEH-NE5Eも、500gもない軽さで、折りたたむことができます。

 

旅行やちょっとしたお出かけに携帯するのも便利です。

 

また、コードも1.7mとしっかりありますので、家で使う際に電源が近くにない場合でも安心して使用ができます。

 

冷風機能がついているので、夏の暑い時期でも快適に使用できそうですね!

♦EH-NE5E(2020年)♦

♦EH-NE5G(2021年)♦

 EH-NE5GとEH-NE5Eの違いを比較 まとめ

今回は、 Panasonicの人気ヘアドライヤーEH-NE5GとEH-NE5Eの違いを比較するとともに、機能や特徴も紹介しました。

 

EH-NE5GとEH-NE5Eは機能・スペックは同じで、カラーの違いのみでした。

 

ただ、旧モデルであるEH-NE5Eは生産が終了しているため、今後の価格は上がっていくことが予想されます。

 

なので、購入を検討されている方は

  • 気に入ったカラーがあれば、早めに購入
  • カラーにこだわらないのであれば、生産中のEH-NE5Gの方が安いのでオススメ

この2点に気を付けてください。

 

購入するにあたり、サイトごとでかなり値段が違いました。

 

特に生産が終了しているEH-NE5Eを購入したい方は、いくつかのサイト・店舗の価格を比較してから購入することをオススメします。

 

今回の記事が、あなたのドライヤー選びの参考になれば幸いです^^

♦EH-NE5E(2020年)♦

ピンク

ゴールド

♦EH-NE5G♦

ペールピンク

ブラウン

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる