MENU

IJC-J56とIJC-H65の違いを比較!どっちがおすすめ?

IJC-J56とIJC-H65の違いを比較!どっちがおすすめ?

今回は、アイリスオーヤマの除湿器IJC-J56とIJC-H65の違いを比較してみました!

 

それぞれの特徴と、どんな方にオススメできるかをご紹介いたします。

 

最後までぜひご覧ください。

IJC-J56

IJC-H65

 

IJC-J56とIJC-H65の違い

  • IJC-J56は除湿のみで、シンプルな機能性
  • IJC-J56の方がよりコンパクト
  • IJC-J56の方が価格が低い
  • IJC-H65は除湿機能+衣類乾燥モードも搭載
  • IJC-H65の方が除湿能力が高い
  • IJC-H65はタンク容量が2.5L(IJC-J56は2L)

以上の点を踏まえると、

IJC-J56がオススメな人

  • 除湿のみで使用を考えている
  • 色んな部屋で使用したいので、持ち運びがしやすいものが良い
  • 機能性よりも価格の安さを重視している

IJC-H65がオススメな人

  • 除湿のみではなく、衣類乾燥でも使用したい
  • 少し価格が高くても、機能性の良いものが欲しい
  • タンク容量が多いものが良い

 

それぞれの機能を考慮すると、このような需要の方にオススメが出来ます!

 

さらに詳しく違いを比較し、ご紹介いたします。

目次

IJC-J56とIJC-H65の違いを比較

IJC-J56とIJC-H65の違いは、3つあります。

 

・除湿器の機能性

・本体の大きさ

・販売価格

 

大きな違いは、以上の3点です。

 

それぞれの違いについて、さらに詳しく説明いたします。

 

 ①除湿器の機能性

IJC-J56 IJC-H65
1日あたりの除湿能力 50Hz:5L  60Hz:5.6L 50Hz:5.5L  60Hz:6.5L
除湿可能面積の目安(木造) 50Hz:6畳  60Hz:7畳 50Hz:7畳  60Hz:8畳
         (鉄筋) 50Hz:13畳  60Hz:14畳 50Hz:14畳  60Hz:16畳

 

除湿能力については、IJC-H65の方が高いことが分かります。

 

少しでも除湿能力が高いものが欲しい方には、IJC-H65が良いですね!

 

 ②本体の大きさ

IJC-J56 IJC-H65
本体サイズ 幅25×奥行23×高さ38.3(cm) 幅31.9×奥行20.4×高さ53.5(cm)
本体重量 8.8kg 9.7kg
タンク容量 2L 2.5L

IJC-J56は、コンパクトで重量も少ないので、持ち運びがしやすい点が優れています。

 

タンク容量については、IJC-H65が0.5L多いので、水を捨てる手間が少ないです。

 

使用する環境に合わせて選びましょう!

 

 ③販売価格

(2022/06/03現在)

IJC-J56 IJC-H65
アイリスオーヤマ公式 ¥18,810(税込) ¥25,980(税込)
楽天市場 \13,800 (税込) \18,007(税込)
amazon 14,581(税込) \18,007(税込)

楽天市場、amazonは、最安値で表記してあります。

 

価格については、IJC-J56の方がお値打ちに購入出来ます!

 

価格の安さを重視したいという方は、IJC-J56を選ぶのがオススメです。

IJC-J56

IJC-H65

IJC-J56はこんな人におすすめ

  • シンプルな機能で、除湿が出来る
  • コンパクトなので、持ち運びがしやすい
  • なるべく価格を安く抑えたい

 

IJC-J56は、価格が安くコンパクトという点が魅力です。

 

機能性はたくさんいらないので、価格を安く購入したい方には特にオススメできます!

 

また、1階や2階など、様々な場所に持ち運んで利用したいという方も使いやすいですよ。

 

IJC-H65はこんな人におすすめ

  • 衣類乾燥モードが搭載されている
  • 除湿力・機能性が高い
  • タンクの容量が2.5Lあるので、水を捨てる手間が省ける

IJC-H65は、衣類に送風して乾燥させる「乾燥モード」が搭載されているのが特徴です。

 

送風方向は3段階調節することができるので、様々な角度にまんべんなく風を送れます!

 

部屋干し衣類も乾燥にも使いたいという方は、IJC-H65を選ぶと良いですよ。

「IJC-J56」「IJC-H65」共通の機能や特徴

 

夏・梅雨の時期に強いコンプレッサー式

除湿器が室内の空気を吸い込み、その空気を冷やすことで空気中に含まれる水分を取り除く方式。

 

そのため、「電気代が安い」「室温の上昇が少ない」といったメリットがあります。

 

湿気の多い梅雨の時期に使いやすいのは嬉しいですね!

 

オートOFF機能搭載

・IJC-J56は、12/24時間で運転停止時間を設定可能

・IJC-H65は、2/4/8時間で切タイマーを設定可能(12時間経過すると自動で運転停止)

 

オートOFF機能を利用すれば、うっかり切り忘れてしまった、という事がないので安心ですね。

 

それぞれの機種で、設定可能時間が違うので注意が必要です!

 

連続排水に対応している

市販のホースをつなげれば、タンク容量を気にせず連続で排水することができます。

 

長時間外出をする際など、とても便利ですね♪

IJC-J56とIJC-H65の違いを比較まとめ

IJC-J56とIJC-H65の違いについて比較してみました!

 

もう一度、それぞれの違いについてまとめておきます。

 

  • IJC-J56は除湿のみで、シンプルな機能性
  • IJC-J56の方がよりコンパクト
  • IJC-J56の方が価格が低い
  • IJC-H65は除湿機能+衣類乾燥モードも搭載
  • IJC-H65の方が除湿能力が高い
  • IJC-H65はタンク容量が2.5L(IJC-J56は2L)

 

価格が安く、コンパクトでシンプルな機能性のものが欲しい人はIJC-J56

 

除湿機能が高く、部屋干しの衣類を乾燥させる為にも使用したい人はIJC-H65

 

それぞれこのようなものを探している方にオススメ出来ますよ!

 

除湿器を使用して、快適に梅雨を過ごしてみてください(^^)

 

最後までご覧いただきありがとうございます。

IJC-J56

IJC-H65

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる