MENU

KFK-C3-WPとFK-C3-WPの違いを比較!どっちがおすすめ?

KFK-C3-WPとFK-C3-WPの違いを比較!どっちがおすすめ?

アイリスオーヤマで部屋干しに強いシリーズ「カラリエ」の中から、今回ふとん乾燥機のKFK-C3-WPとFK-C3-WPの違いをご紹介いたします。

 

ずばり!製品としての違いは…アロマケースと脱脂綿が付いているか付いていないか。

 

この一点のみです。

 

KFK-C3-WPはアロマケースとアロマを含ませる脱脂綿が付いています。

 

一方で、FK-C3-WPには付いていません。

 

その他のサイズや質量、機能はまったく同じです。

 

発売日もFK-C3-WPが2018年10月発売に対して、KFK-C3-WPは2018年11月に発売とほとんど変わりません。

 

それでは詳しく紹介していきますね。

 

KFK-C3-WP

FK-C3-WP

目次

KFK-C3-WPとFK-C3-WPの違いを比較

KFK-C3-WPとFK-C3-WPの製品としての違いは「一点」だけ。

 

付属品としてアロマケースと脱脂綿×3が付く

 

これだけなんです。

 

操作パネルのデザインに違いがありますが、ボタンの数や配置に違いはありません。

 

ただ、この商品をメーカーから直接購入できるのはFK-C3-WPのほうだけです。

 

KFK-C3-WPはメーカーから直接購入することはできません。

 

しかしながら、家電量販店やホームセンターWEB通販サイトなど価格を比較しながら購入することができますので検索すればお買い得な価格で手に入れることができるかもしれません。

 

アロマケースと脱脂綿が付属品

KFK-C3-WPは専用のアロマケースと脱脂綿が3枚付属されています。

 

脱脂綿にお好きなアロマオイルを染み込ませアロマケースをノズルにセットして布団乾燥すると、お気に入りの香りに包まれておやすみになれます。

 

もう一つ付属品として、くつ乾燥アタッチメントも付きますがこちらはFK-C3-WPにも付いています。

 

KFK-C3-WP

FK-C3-WP

KFK-C3-WPはこんな人におすすめ

KFK-C3-WPでは

・好きな香りに包まれて、おやすみになられたい方におすすめです。

 

リラックス効果のあるアロマオイルを使用すれば、フカフカのお布団と良い香りで快眠間違いなしですね。

 

いろんな方法で購入できるため、店舗にあれば直接目で見て購入することができますしポイントを貯めている家電量販店があればそちらから購入すればポイントも貯められてお得かなと思います。

 

FK-C3-WPはこんな人におすすめ

FK-C3-WPでは

・メーカー保証を手厚く受けたい方におすすめです。

 

メーカーから直接購入するため、メーカー保証にプラスして1年延長保証が受けられ、故障(自然故障)には無償で修理を行ってくれます。

 

そして、5,000円以上(税込)のお買い物で送料無料(一部地域を除く)になります。

 

本体代のみでお家まで届けてくれるのは、ありがたいですね。

「KFK-C3-WP」「FK-C3-WP」共通の機能や特徴

それでは、KFK-C3-WPとFK-C3-WPに共通している機能や特徴をご紹介いたします。

すぐに使える10秒セット

まず、ホースを伸ばしてノズルのフラップを立ち上げる。

 

次に、掛け布団をかぶせる。

 

最後に電源を入れ、モードを選んでスタートボタンを押す。

 

これだけでフワッとあったか布団に仕上がります。

 

立体ノズルが風を届ける

布団乾燥機のタイプは2種類あり、掛け布団と敷布団の間に専用のマットをはさんで使用するタイプとノズルを布団の間に直接差し込むだけのタイプがあります。

 

KFK-C3-WPとFK-C3-WPはマット不要で、立体ノズルが布団の中に空間をつくり布団の隅まで風を届けてくれます。

 

マットが不要なので、簡単に使用できるのが良いですね。

 

くつ用乾燥アタッチメント

付属の「くつ乾燥アタッチメント」で、つま先までしっかり乾かします。

 

ダブルサイズの布団を乾燥させるパワーで、あっという間に乾燥させてくれそうですね。

 

ダニモード

約65℃以上の温風でダニ対策。

 

ダニは50℃以上の高温で30分以上熱しないと死滅しないと言われている為、長い時間高温を保てるこの機能はかなりダニ対策に適していると思います。

 

ふとん乾燥モードで年中快適

8段階の時間設定と3段階の温度設定ができ、季節や用途に合わせたモード設定もボタンで簡単に操作できます。

 

夏モードは、温風でカラッと乾燥。

 

さわやかな送風で熱気を逃すので、湿気のないパリッとしたお布団で眠ることができます。

 

冬モードは、パワフル温風で一気に乾燥。

 

ふとんをあたため、ふんわり仕上げるので寒さを感じる事なく快適に眠ることができます。

 

押入れ乾燥

ホースの長さが40cmありますので、空気の循環が難しい押入れ、クローゼットの湿気とりも簡単に行うことができます。

 

あたため予約モード

設定した時刻の30分前から、あたためを開始する予約モード付きです。

 

眠る前にお布団をあたためておいてくれるなんて!

 

寒い季節に、温かいお布団で眠れるなんて幸せですよね^ ^

 

軽量&コンパクトボディ

幅約16×奥行き14×高さ36とクローゼットの隙間に収納できるコンパクトなボディサイズ。

 

そして質量1.8kgの軽量設計で、持ち運びが簡単です。

 

毎日でも使いたくなりますね。

 

KFK-C3-WP

FK-C3-WP

KFK-C3-WPとFK-C3-WPの違いを比較まとめ

KFK-C3-WPとFK-C3-WPの違いと共通している特徴をご紹介しました。

 

機能やサイズ、重さはまったく同じですがKFK-C3-WPは付属品にアロマケースと脱脂綿が付く。

 

この一点の違いだけでした。

 

大好きなアロマオイルがある!この香りで眠りたい!というこだわりをお持ちの方は、是非KFK-C3-WPをお選びください。

 

一方で、メーカーから直接購入して安心して使用したいという方にはFK-C3-WPをおすすめいたします。

 

KFK-C3-WPとFK-C3-WPの違いは何かと迷っていらっしゃる方のお力になれたでしょうか。

 

ご参考になれば、幸いです。

 

最後まで、お読みいただきありがとうございました。

KFK-C3-WP

FK-C3-WP

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる