MENU

生姜がぬるぬる…そのまま使っても大丈夫って本当?変色してピンク、黒、青になってたらどうする?保存方法まで!

生姜がぬるぬる…そのまま使っても大丈夫って本当?変色してピンク、黒、青になってたらどうする?保存方法まで!

生姜がぬるぬるしていても、変色していても、捨てるのは待って!

 

状態をよく観察することで、まだ食べられるかもしれません。

 

また、変色しているものも、色によって成分の違いがあります。

 

そのまま食べられたり、切り落とせば大丈夫だったりするんです。

 

この記事では、生姜のぬめりや変色を見つけた時の対処法や、長持ちする保存方法について紹介しています。

 

肉料理の臭み消しや、お刺身醤油のアクセント、紅茶にひとかけ…

 

様々な使い方ができる生姜。

 

せっかく買った生姜を無駄にしないように、ぜひ参考にしてくださいね。

 

 

目次

生姜がぬるぬる…そのまま使っても大丈夫って本当?

 

生姜がぬるぬるしていたら、そのまま使うのはやめましょう。

 

でもだいたいは、ぬるぬるしているのは表面だけです。

 

皮を厚めに剥いて中の色を確認してから判断しましょう。

 

表面のぬるぬるしている部分は、雑菌が繁殖して腐敗が進んでいる証拠です。

 

必ず、包丁で分厚く皮を剥いてください。

 

皮を剥いたら中の色と水分量を確かめてみましょう。

 

茶色くなっていたり乾燥して固くなっていたら、処分をおすすめします。

 

また、色や水分量に問題がなくても、風味が落ちたり味が変わったりしていることもあります。注意してください。

 

 

変色してピンク、黒、青になってたらどうする?

 

ぬめりの他に表面に変色が見られた時も、色や中の状態をよく確認してから判断するようにしましょう。

 

場合によっては、変色した部分を切り落として食べることができたり、そのまま食べることができたりするものがあります。

 

色ごとに詳しく紹介していきます。

 

ピンク

 

「ポリフェノール」という成分が酸化して起こるものです。

 

生姜の断面やすりおろした面によく見られ、赤く見える場合もあります。

 

りんごやバナナの切り口が茶色くなるのと同じ原理なので、食べても問題はありません。

 

気になる場合は切り落としましょう。

 

 

茶色くなった部分の腐敗が進むと、黒くなっていきます。

 

この場合、腐って食べられない状態になっていることが考えられます。

 

触ってみると柔らかかったり、変な匂いがしたりする場合は、食べずに捨てましょう。

 

 

「硫化アリル」という成分によるものです。

 

一見、毒がありそうな名前ですが、にんにくや玉ねぎにも含まれています。

 

体に害はないので、そのまま食べることができます。

 

 

腐ってるの?食べられる?白いカビ

 

変色やぬめりはないけど、ふわふわとした白いカビが生えている。

 

そんな時はなるべく食べるのを控えた方がよいでしょう。

 

白カビは毒性が低く、少量なら食べても体に害がないと言われています。

 

取り除けば食べても大丈夫だろう、という人は、しっかり取り除いて加熱することをおすすめします。

 

ただ、高齢者や小さい子ども、または体調を崩して免疫が落ちている人などは、腹痛や下痢を起こすことがあります。

 

十分注意しましょう。

 

また、白カビを放置すると黒カビに変わっていくことがあります。

 

黒カビは白カビより毒性が強いので、見つけたら処分しましょう。

 

でも処分せずに使い切るのが一番良いですよね。

 

次は買った後、すぐに腐らせない保存方法を紹介していきます。

 

 

保存方法は?水につける?冷凍する?

 

生姜には主に二通りの保存方法があります。

 

1.水につける

 

生姜をよく洗い、断面やすりおろした面を切り落とします。

 

生姜の大きさに合った容器に水を入れ、生姜が水をかぶるようにします。

 

冷蔵庫で保存します。

 

2、3日おきに水を取り替えます。

 

2.冷凍する

 

生姜を水洗いして、水気を拭き取ります。

 

用途別に切ります。

 

例えば、千切りや薄切りです。すりおろしても可です。

 

小分けにしてラップに包み、冷凍庫に入れます。

 

冷凍のまま料理に使うことができます。

 

 

期限はどのくらい?保存方法ごとにご紹介!

 

二通りの方法で、どちらも約1か月保存ができます。

 

それぞれの長持ちさせるコツもあわせて紹介します。

 

1.水につける

 

水につけておくと、乾燥が防げるので1か月を目安に保存することができます。

 

なるべく長く保存しておくポイントは2つあります・

 

1つ目は、容器を殺菌消毒しておくことです。

 

煮沸消毒したガラス瓶や、キッチン用アルコールをかけて乾燥させたタッパーなどを使いましょう。

 

2つ目は、水をこまめに入れ替えることです。

 

必ず2、3日おきに行うようにしましょう。

 

2.冷凍する

 

冷凍すると、そのまま料理に使うことができるので便利です。

 

こちらも長持ちさせるには2つのポイントがあります。

 

1つ目は、生姜をよく洗いしっかりと水分を拭き取ることです。

 

2つ目は、ラップで包んだ後、冷凍保存袋に入れることです。

 

「冷凍保存用」や「冷凍保存可能」と書かれたジッパー付きの袋が良いですね。

 

 

 

いかがでしょうか。

 

生姜は方法を工夫するだけで、1か月保存可能です。

 

また、変色していても全体の状態をよく観察して、食べられる部分は無駄なく食べるようにしましょう。

 

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次
閉じる