MENU

10円玉をきれいにする方法!酢でピカピカにするのは違法?

10円玉をきれいにする方法!酢でピカピカにするのは違法?
[PR]

10円玉をきれいにする方法の1つは「酢」を使うこと。

酸性の洗剤や食品を使えば10円玉をきれいにすることができるんです。

10円玉は銅でできています。

銅が酸素に触れると表面に酸化銅(サビ)という薄い膜ができます。

これがピカピカの10円玉の汚れの原因の1つなんです。

この汚れは水や洗剤ではおちませんが、酸に溶ける性質があります。

今回は、10円玉をきれいにする方法を詳しく紹介したいと思います。

目次

10円玉をきれいにする方法

10円玉は家にある身近なものできれいにすることができるんですよ。

どこの家にもある酸性の調味料や洗剤などが10円玉の汚れを落としてくれるんです。

10円玉が汚くなる原因の1つに銅が空気中の酸素が結びついてできる酸化銅と呼ばれるサビがあります。

一番手っ取り早いのが、酸と銅の化学反応を利用し還元させて汚れを落とす方法なんです。

酸性の調味料

酢・レモン汁・ケチャップ・ソース 等 

さらに塩が含まれているとサビを溶かす働きを助ける効果があるのでよりキレイになります。 

クエン酸

クエン酸の結晶を水にとかしたクエン酸水。

水を少なくしたペースト状の物のほうが効果大です。

洗剤

酸性のトイレ用洗剤やお風呂用の洗剤に浸すのも同様の効果があります。 

これら酸性の物に浸け置いてから、布やブラシで磨くとピカピカに!!

後は水洗いして、十分に水気をふき取りましょう。水分が残るとサビの原因になります。

10円玉は青銅貨です。洗浄することにより、発行時の輝きをはっきり実感できるのが特徴です。

酢や重曹で綺麗になる理由

硬貨の汚れは銅の酸化による変色、サビ付きや人の手垢による汚れの2種類に分けられます。 

銅の酸化による汚れには、酢に含まれる酢酸が有効です。 

10円玉を酢に浸しておくと、酸化銅を溶かしてきれいにしてくれます。 

一方、重曹は 人の手垢汚れに有効です。 

ペースト状にした重曹で10円玉を磨くと、研磨機能もあってアルカリ性のクレンザーとして 10円玉についた人の手垢汚れをきれいにしてくれます。 

なので、よりピカピカにきれいにしたい時は、重曹で表面の手垢汚れを落とした後に、酢に浸して酸化銅を溶かすといいでしょう! 

なお手垢汚れは、消しゴムでも落とすことができます。

硬貨には、凹凸があるので細部までキレイにはできませんがパッと見はキレイになります!?

綺麗にならないときの原因

10円玉を普通の洗剤で洗ってもほとんどきれいにはなりません。

 

あの黒ずんだ汚れは一般的な汚れとは違うからです。 

ピカピカの10円玉が汚れる原因は、原材料の銅が空気中の酸素と結合して、黒ずんだ 酸化銅に変化してしまうためです。 

なので化学反応を利用し、酸を使って銅から酸素を離し銅の表面についた黒い部分(酸化銅)を溶かし、 まだ酸化していない内側の銅が現れてきれいにしていきます。

また、この時に塩が含まれるとサビを溶かす働きを強めることがをできるので、さらにピカピカに仕上げることができるのです。 

つけすぎるとどうなる?時間について

ピカピカにしたいからと言って長い時間つけておけばいいというわけではありません。 

10円玉を酢につけておく時間は、3~10分らいで十分!

 

そのあとはブラシや布で軽くこすり、水洗いしてしっかり水気をふき取りましょう。

水分が残ってるとサビの原因になってしまい劣化させてしまいます。

それでも落ちない汚れは、人の手垢の汚れなどが原因のことが多いのでブラシで擦り洗いをしたり重曹で磨いてみるといいでしょう。 

汚れが酷くても、酢につけっぱなしにするのはよくありません。

つける時間が長くなりすぎると、緑っぽく変色してしまいます。

これは緑青といって、酢の酢酸に反応して生成されるサビです。

こちらのサビは、アルカリ性の重曹を使えば落とすことはできますが劣化の原因にもなります!!

え?酢で10円玉をピカピカにするのは違法?

酢で10円玉をピピカにするのは違法にはなりません。 

しかし、貨幣に関する法律で硬貨を鋳つぶしたり、故意に損傷させることは禁止されています。 

簡単に言えば、硬貨を溶かして素材の状態にしたり、わざと破損や変形させてはいけないということです

 

なので、酢で10円玉をピカピカにする程度であれば硬貨に穴があいたり、刻印を潰してしまうこともないので問題ないといえるでしょう! 

ですが、過度な磨きをすると変形とみなされる可能性はあります。

やりすぎには気を付けてピカピカにして下さい。

 まとめ

10円玉は身近なもので簡単にきれいになるのですぐにでも試してみたくなりますよね。

酸性の調味料に浸すだけでピカピカにるんですよ! 

今回紹介したもの以外にも家の中には使えるものがたくさんありそうです。

 

汚れに合わせたものを使えば格段にピカピカにできると思います。 

10円玉だけじゃく、素材が同じ銅製品にも応用ができそうですね。

なのでこれを機会に是非一度試してみて下さい。 きっとビックリしますよ!!

スポンサーリンク

▼人気の関連記事
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる