MENU

縮んだ服を元に戻すには柔軟剤とコンディショナー(綿100・ポリエル)コツを解説

縮んだ服を元に戻すには柔軟剤とコンディショナー(綿100・ポリエル)コツを解説

 

縮んだ服を元に戻すには、柔軟剤とコンディショナーが有効です。

 

柔軟剤やコンディショナーは、表面をなめらかにして、からまった繊維をほどく効果があるんです。

 

表面がなめらかになることでふわふわの仕上がりに。

 

また、縮んだ服を元に戻すコツは、「綿100は柔軟剤に30分ほど浸け置きすること」で「ポリエステルはスチームアイロンの熱をあてること」。

 

素材によって方法が違うので、覚えておくと良いでしょう。

 

ただし間違ったお手入れをすると元に戻らなくなってしまうので、注意が必要です。

 

それでは縮んだ服を元に戻す方法や柔軟剤の使い方など、詳しく解説していきますね。

 

目次

縮んだ服を元に戻すのに柔軟剤やコンディショナーが有効な理由

縮んだ服を元に戻すのに柔軟剤やコンディショナーが有効な理由
縮んだ服を元に戻すのに柔軟剤やコンディショナーが有効な理由は、絡まった繊維をほどく効果があるからです。

 

ウールの服が縮む原因は、生地表面のキューティクルが絡み合う「フェルト収縮」が起こるから。

 

人間の髪の毛と似たような構造なんですよ。

 

そのため、髪の毛用のトリートメントを使うと繊維がコーティングされて表面がなめらかになり、絡まりをほどいてくれます。

 

また、綿の服が縮む原因は、水分を吸収して膨張したあと、乾く時に生地が収縮するからです。

 

こちらも柔軟剤を使うことで繊維の表面がなめらかになり、絡まりを軽減してくれる効果があるんですよ。

 

柔軟剤やコンディショナーが有効な理由は、繊維の表面をなめらかにして、絡まりを軽減してくれるからなんですね。

 

それでは次に、縮んだ服を戻すコツを教えちゃいましょう。

縮んだ服を戻す、ポリエステル、綿100、コツは?

縮んだ服を戻す、ポリエステル、綿100、コツは?

縮んだ服を元に戻すコツは、「ポリエステルはスチームアイロンの熱をあてること」、「綿100%は柔軟剤に浸け置きすること」です。

 

では詳しく見ていきましょう。

 

ポリエステルの場合

 

縮みを戻す場合、スチームアイロンの蒸気をあてましょう。

 

蒸気をあてながら、生地をやさしく引っ張って伸ばしてください。

 

これである程度は伸ばすことができます。

 

ただ、縮みは完全には元に戻りません。

 

ポリエステルやレーヨンといった化学繊維は水に弱く、洗濯でかなり縮んでしまうことがあります。

 

もし汚れてしまった場合は家庭で洗濯するのではなく、クリーニング店に持って行きましょう。

 

クリーニング店では生地に合わせてドライクリーニングをしてくれます。

 

ドライクリーニングだと水を使わないので、縮む心配はないですよ。

 

綿100の場合

 

綿100の縮みを戻す時は、柔軟剤に浸け置きしましょう。

 

ぬるま湯に柔軟剤を入れて30分ほど浸けておきます。

 

そのあと軽くすすいで水気を取り、陰干しもしくは平置きして乾かしてください。

 

水気を取る場合は、強く絞らないようにしましょうね。

 

ちなみに綿は、着ているうちに少しづつ縮みが直ってくるんです。

 

早く縮みを伸ばしたい場合は柔軟剤に浸けると良いですが、そうでない場合は着用しながら縮みを伸ばしていきましょう。

 

縮んだセーターやパーカーを戻す【ガッテン流】を紹介

縮んだセーターやパーカーを戻す【ガッテン流】を紹介

縮んだセーターやパーカーを戻す【ガッテン流】の方法を紹介しますね。

 

  1. 生地を裏返す
  2. スチームアイロンの蒸気をたっぷりあてて、生地に水分をたっぷり含ませる
  3. 伸ばしたい大きさまで、手でやさしく伸ばしながらアイロンをかける
  4. 生地を表に戻して、スチームとドライを交互にかけながら、やさしくアイロンをかけていく

 

これで完了です!

 

アイロンをかける時は生地に押し付けないよう、やさしくあててくださいね。

 

また、アイロンをかける温度やアイロンNGな素材もあるので、かける前に洗濯表示を必ず確認してくださいね。

 

では次に、乾燥機で縮んでしまった服も元に戻せるのか、見ていきましょうか。

 

乾燥機で縮んだ服も元に戻る?

乾燥機で縮んだ服も元に戻る?

乾燥機で縮んだ服も、元に戻すことができます。

 

ぬるま湯に柔軟剤を入れて30分ほど浸けたあと軽くすすぎ、水気を取って乾かしましょう。

 

乾かす際は、やさしく生地を伸ばしてから干すようにしてくださいね。

 

そもそも乾燥機にかけると生地が縮んでしまう原因は、

 

  • 繊維自体が縮んでしまう
  • 早く乾かすことで縮んでしまう
  • 編み目が詰まってしまう

 

など。

 

いきなり乾燥機に入れるのではなく、ある程度乾かしてから乾燥機にかけたほうが縮みを緩和できます。

 

また、生地によっては乾燥機にかけられないものもあります。

 

特に、ウール・綿・麻などの天然素材は乾燥機で縮みやすいんです。

 

乾燥機にかける場合は、あらかじめ洗濯表示を確認してからにしましょう。

 

レーヨンは戻りにくい?

レーヨンは戻りにくい?

レーヨンは一度縮むと元に戻りにくい素材。

 

実はレーヨンは水に弱いんです。

 

レーヨンは水に濡れると縮みやすく、一度縮むと元の大きさには戻りません。

 

洗濯表示を確認して、「水洗い不可」となっていたら家庭での洗濯はやめましょう。

 

もしレーヨン生地の衣類をお手入れしたい場合は、クリーニング店にて「ドライクリーニング」をお願いしてください。

 

ドライクリーニングは水を使わずに衣類などを洗う方法。

 

水を使わないので繊維同士がこすれず、生地への負担が少ないので、是非活用しましょう。

 

大切な衣類はクリーニングに出して、長く着られると良いですね。

 

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次
閉じる