MENU

ソフトバンクの電話番号変更したい!下4桁を好きな番号に指定は・・できない

ソフトバンクの電話番号変更したい!下4桁を好きな番号に指定は・・できない
[PR]

ソフトバンクの電話番号を変更するには、ソフトバンクショップの店頭またはMy Softbankで手続きをすることができます。

ご自身でお手続きできる場合には、時間も気にすることなく空いた時間で手続きできるMy Softbankの活用が便利ですね。

ソフトバンクショップの場合には、代理人での変更手続きも可能となっていますので、状況に応じて対応してみてくださいね。

電話番号変更を希望する場合には、注意すべき点も多々あるので、この記事を参考にしていただければ幸いです。

今回は、ソフトバンクの電話番号を変更する方法や注意点、下4桁は選択できるのかについて詳しく解説していきたいと思います。

目次

ソフトバンクの電話番号変更方法と必要なもの

ソフトバンクの電話番号変更方法と必要なもの

ソフトバンクの電話番号変更方法は、ソフトバンクショップの店頭または、My Softbankでの手続きが可能となります。

それぞれの方法について解説していきます。

ソフトバンクショップでの変更方法

本人確認書類(運転免許証等)、使用している携帯電話(USIMカード挿入済)を持って店舗へ行きましょう。

手続き自体は30分以内で完了しますので、時間はかかりませんが、ショップは込み合うことが多いので、「かんたん来店予約」の活用をおすすめします。

My Softbankでの変更方法

ご自身のスマホ等で、My Softbankにログインし、自身で変更手続きを行います。

My Softbankは、Wi-Fiの接続をoffにするとパスワードを入力せずに自動的にログインできますので便利です。

ログイン後は、電話番号変更の項目をタップし、表示されている電話番号が正しいか確認した後、変更理由を選択します。

その後注意事項が表示されますので必ず確認し、「同意する」にチェックを入れて「申し込み」をタップすれば完了です。

変更手続き完了後、再度My Softbankへログインし、変更されているか確認しておきましょう。

電話番号変更にかかる料金

電話番号変更の際には、変更手数料として3,300円(税込み)が、変更した月の携帯電話利用料金と一緒に支払う形となります。

また、ソフトバンクではソフトバンクショップでの手続きの場合、委任状や本人確認書類等の必要書類を揃えれば家族をはじめとする代理人による手続きが可能です。

委任状は、ソフトバンクショップで受け取るか、ソフトバンクのホームページからダウンロード可能ですので、必要な場合は手元に準備し、必ず契約者自身が記入しましょう!

電話番号変更には理由がいる?

電話番号変更には理由がいる?

電話番号変更の際には、ショップの店員さんに理由を聞かれます。

My Softbankの場合は選択するようになっていますので、該当項目を選択しましょう。

ショップの場合、店員さんは決してあなたを責める意図はなく、電話番号を変えたい理由を聞き、電話番号変更以外の方法が無いかを提案してくれるんです。

電話番号を変更すると、日常生活で契約を結んでいる会社(電力会社やカード会社、ネットショップ等)に必ず変更手続きをする必要があります。

その他にも、今まで使えていたサービスが使えなくなってしまったり、電話帳等のデータが消えてしまったりと、デメリットも多いのが現状です。

そうするといろんな面で手間がかかりますので、変更したい理由によっては、ショップ店員さんが良い解決策を提案してくれるかもしれません。

下4桁が好きな番号に指定できる?

ソフトバンクでは、新規で契約する際には電話番号の下4桁を指定することができますが、変更の際には指定することができません。

私自身も、知人が電話番号の下4桁を好きな番号にしているのを見て、変えたい!と思い調べたのですが、変更の際に指定できないことを知り断念しました…

新規で契約する際に、基本的には下4桁を指定することができますが、「1111」等の連続番号や、すでに使われている番号に該当すると使用できないこともあります。

希望する番号をショップ店員に伝えると調べてくれますので、念のためいくつか候補を考えておくのも良いかもしれませんね。

ソフトバンク番号変更の注意点

ソフトバンクで電話番号を変更する際の注意点は全部で10個あります。

どれも重要なことですので、紹介しますね。

①変更後の電話番号の指定は不可

②S!メール(MMS/キャリアメール)は全て初期化される。

③留守番電話の保存メールや設定も引き継げない。

④転送設定も初期化されしまう。(※VoLTEオプションを契約している場合は設定が引き継がれます。)

⑤機種本体に保存されたVVM(ビジュアルボイスメール)も消えてしまう。

⑥ナンバーブロックのシステムは引き継げるが、設定は初期化されてしまう。

⑦S!電話帳バックアップでバックアップしたデータも消えてしまう

⑧利用していた有料コンテンツも自動的に消えてしまう。

⑨位置ナビ等のインターネットサービスは引き継げるが、設定は初期化されてしまう。

⑩メモリーカードに保存した著作権保護データが読み込めなくなる。(事前に本体にデータを移行すれば読み込み可)

以上の10個の項目について、必ず確認してほしいことです。

かなりのサービスが引き継げなかったり、設定が消えたりしてしまいますので、必ず確認しましょう!

また電話番号を変更しても、Eメールのアドレスはそのまま使えるので安心してください。

電話番号を変更してから、変更前の電話番号にかけても、新しい携帯番号のアナウンスはされませんので、必要な人には必ず変更を伝えましょう!

携帯番号を変えるデメリット

携帯番号を変えるデメリット

携帯番号を変えるデメリットは、Webサイトやアプリにログインできなくなったり、電話帳が消えてしまったりと、意外と多いんです。

デメリットをきちんと確認した上で、本当に変更するのかを検討くださいね。

キャリアメールで登録したサイトやアプリにログインできなくなる

電話番号を変更すると、‥‥@softbank.ne.jp等のキャリアメールが使えなくなってしまいます。

その為、キャリアメールのアドレスで会員登録等を行っている場合、事前に変更していないとログインできなくなる可能性が高いです。

会員登録の際には、GmailやYahoo!メール等のWebメールを使うようにすると、電話番号変更時や、機種変更時もスムーズに引き継げますよ。

電話帳が消えてしまう

電話番号を変更することにより、電話帳のデータがすべて消えてしまう可能性があります。

必ず変更前に、SDカードやPCにバックアップしておきましょう。

事故番号になる可能性がある

事故番号とは、犯罪に使われていたり、犯罪に巻き込まれた人が使っていたりした電話番号のことを言います。

携帯電話番号は数に限りがあるため、使われなくなった番号は一定期間経つと再利用される仕組みになっているんです。

電話番号変更の際には、自分で番号を指定することができませんので、もしかすると事故番号に設定されてしまう可能性も考えられます。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は、ソフトバンクの電話番号を変更する方法や注意点、下4桁は選択できるのかについて詳しく解説してきました。

まとめると、

・ソフトバンクの電話番号を変更する方法は、ソフトバンクショップまたはMy Softbankでの手続き

・変更手続き時、変更理由を聞かれる

・電話番号変更時には、下4桁は指定できない

・電話番号を変更することによって、引き継げないサービスや設定が初期化されるサービスがある

以上の点を確認し、電話番号を変更するかどうか検討してみてくださいね。

スポンサーリンク

▼人気の関連記事
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる